--- 原科植物:Stevia rebaudian Bertoni ---
 原産国の南米パラグアイでは、古来からインディオの間で深山の妙薬として珍重され、アルゼンチン大学のクルーガー教授の文献に、「ステビアのしぼり汁は、各種病状の緩和、角質化した皮膚の軟化、百日咳を鎮めるなどの効果がある」と記述されており、パラグアイのミケル博士は1970年の国際糖尿病学会で、「ステビアの葉を煎じた液は、糖尿病に対し卓越した薬効がある」と報告し、関係者に大きな驚きを与えました。
 日本へは、発癌性が問題となったチクロやズルチンなどの合成甘味料に代わる天然甘味料として、1970年頃農水省がステビアを導入、試験栽培が始まりました。葉にはステビオサイド、レバウディオサイド等の甘味成分を多量に含み、これらは砂糖の300倍の甘味があり、それでいてカロリーは90分の1です
現在、多種多様な加工食品をはじめ土壌改良剤など多岐にわたる利用がすすめられています。
 
 
血糖値、尿酸値、高血圧を下げる、その他にも様々病状に効果が認められています。
土壌を改善し作物が本来のもっている味、風味を取り戻します。 残留農薬やダイオキシンなどを解毒分解するなど地球環境にも好影響を与えます。
農畜産物、水産物の病気予防や収量増加、品質改善が期待できます。特に農作物は糖度があがる等おいしくなると評判です。
 
 
《ステビアの効能 》
 
 
病原菌ウィルス抑制作用 環境ホルモン、ダイオキシンなど解毒分解作用
有害菌の殺菌作用  
抗酸化作用 アレルギーアトピーの予防作用
糖度、滋養成分の増加作用 生殖ホルモンの正常化作用
発根促進作用 ステロイドの副作用を抑制
有効微生物の活性化 ヒスタミン解毒作用
 
 
農畜水林分野
水産飼料 農業資材 ペット資材 林業資材 畜産飼料
花弁園芸資材 競走馬資材  
環境分野 医療化粧品分野
森林緑化資材 環境浄化資材 医薬品原料 漢方生薬原料 化粧品原料
化学工業品分野 食品分野
化学工業用原料 食品添加原料 食品添加原料 食品添加原料